×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

児島公園練習会  2010年5月

 武術というものは、本来どんな人々にとっても、平等なものです。
どのような状況にある人々、健康な人とそうでない人、若い人と年齢
を重ねた人、運動能力の高い人と低い人、器用な人と不器用な人、
初心者と上級者、理解力の高い人と低い人、などなど。
とかく私達は、人によってこれらの差があると思いがちですが、こん
な事は武術においては、ほとんど意味の無いことです。
たとえこのような異が感じられたとしても、誰しもがこれらを解決できて、
素晴らしい生活を送れる境遇を実現できる効力を持っているのが本当の
武術です。
私達は、迷信や曖昧模糊とした意味ではない、「筋(スジ)」や「気血」の
意味するところを、単なる知識や言葉上の理解ではなくて、自分の身体
や実感を通じて理解していくことができる、確かな方法に出会いました。
「筋」や「気血」という実感を伴った概念を根幹にすえて物事を見渡すと、
あまりに鮮明に「見えなかったもの」が分かるようになるでしょう。

児島公園(JR児島駅前)では、毎朝7:30〜8:30、10名から20名の人たちが、
馬貴派八卦掌を練習しています。60歳代,70歳代はもちろんのこと、90歳代の
方々まで。
月会費\3,000。
もちろん、初心者歓迎!

北京の李老師のご自宅のある敷地内での、
多国籍な?人たちとの練習。

 TOPPAGE